株式会社ウェブマネー > 企業情報 > 採用情報 > 社員インタビュー 村山 慶

Member
Interview

社員インタビュー

情報システム部
アプリケーション開発課
村山 慶
入社3年目

ウェブマネーという会社を選んだ理由は?

写真 学生時代からゲームが好きで、WebMoneyは自分もよく利用していたサービスだったことと、もう一つは、コンテンツ会社ではなく、自社サービスを持っている会社に入りたかったことが大きな理由です。そういった意味で、WebMoneyは、自分の好きなゲームコンテンツの世界と、カスタマーとの間をつなぐ存在のサービス。まだまだ伸び代のある電子マネーの世界、私にとっては業界標準のサービスということもあり、志望しました。

在籍している情報システム部アプリケーション開発課での仕事内容は?

当社のサービスに関わるシステムの上流工程から、実装テストまで、全般を見る業務です。 例えば「こういうものを実装してほしい」という話があったら、企画の段階から入って、どんな仕様にするのか?どういう風に実装するのか?設計書の作成からプログラム記述、バグのテストからリリースまで一連の流れをすべて担当します。まだまだ自分が担当する案件は小規模なことが多いのですが、一気通貫でサービスに関わることはエンジニアとして貴重な経験となっており、ウェブマネーならではの醍醐味でもあると思っています。

ウェブマネーに入社してレベルアップしたという体験は?

中学生の頃から趣味でゲーム制作をしていたこともあり、普段からよくプログラムを書いていたんですが、一人で作っていた時と違い、チームで仕事をすることにより、「誰が見てもわかりやすいコードを書くこと」というものを意識して書けるようになってきました。 入社してから、先輩に自分が作ったソースを読んでもらい、わかりにくい部分や癖を教えてもらったおかげで、今では綺麗なソースが書けるようになりました。

入社して嬉しかったことは?

写真 「社内wiki」という社員だけが情報共有ができるHPを作りたいと上司に相談したところ、「おもしろい、やってみよう」ということになり、どういう情報をまとめるかという仕様のところから、使い方までを一緒に考え、実現できたことです。ウェブマネーの社風なんですが、私のような若手でも「自分がやりたい」ということを上司や役員に率直に提言できる。そして、それが会社にとって良いものである、と認めていただければ、バックアップして応援してくれます。

先輩が随所で軌道修正もしてくれるので、安心して新しいチャレンジをすることができる。そんなところに仕事の喜びとやりがいを感じています。