株式会社ウェブマネー > 企業情報 > 採用情報 > 社員インタビュー 堀澤 瑞穂

Member
Interview

社員インタビュー

営業部
営業1課
堀澤 瑞穂
入社5年目

担当の仕事内容を教えてください

写真 法人に対する販促支援が主な仕事です。具体的には、WebMoneyをたくさんの方に使っていただけるよう、販売店様や加盟店様など提携しているお取引先にキャンペーンを提案し、各社間の調整から実施・運用、効果検証までの一連の業務を担っています。

入社時と比べてスキルアップしたと思う点は?

大学の学部は法学部だったのですが、卒論発表がなかったので、学生時代はOffice系のソフト、特にExcelは、ほとんど使ったことがありませんでした。しかし入社後は営業部所属ということもあり、特に数字での管理が必須。覚えるまでは相当大変で苦労もしましたが、今はExcelでの関数や実績管理表の作成など、かなり上達したと思います。

どんなところが一番大変でしたか?

私が所属する営業部門は、先輩が若手を「育てる」という意識で接してくれるので、たとえば「この表を作って」という指示があった時にも、最初は完成イメージだけを提示してくれて、あとはどうすれば一番見やすく且つ効率的な数式の組み立てができるか、というところは自分で考えて作ってみるんです。Excelに慣れない頃はこれが本当に大変でした。本やインターネットで調べて、まずなんとか自分で作ってみる。それから先輩に見てもらってアドバイスをもらい、どんどん良いものができていく。その繰り返しでした。

自身のスキルアップにはとてもいい環境ですね

はい。今では自信をもって色々な業務に取り組めるようになったと思っています。私の他は、基本的に営業職の経験者が多い部署なので、実践で育てていくというのが強みかもしれません。おかげさまで今は実力がつき、ゼロから新しいものを作る力をもらったと感謝しています。

これまで働いていて嬉しかったことは?

WebMoneyはコンビニエンスストアをはじめ、多くの販売店様で取り扱っていただいているのですが、普段自分が買い物に行くお店の店頭で自分の手掛けたキャンペーンのポスターやポップが展開されているのを見た時は、とても嬉しいものです。さらにそれが営業の数字になって表れたりすると、キャンペーン実現までの大変さが、より大きなやりがいとなって感じられます。

ウェブマネーという会社は、どんな会社だと思いますか?

写真 一言で言うと少数先鋭の会社です。
当社は、社員数約60名、協力会社の社員さんを合わせても100名未満の小規模な会社です。しかし、WebMoney決済を導入していただいている加盟店サイト数は2400を越え、更に2018年にはサービス開始20周年を迎えます。新しいサービスの領域へも積極的に進出しようとしており、これからも成長し続ける。社員一人ひとりがやりたいと思ったことを提案でき、またそれを可能にしてくれる会社だと思っています。

ゲーム会社や、例えばコンビニエンスストアチェーンなど大きなクライアントに行く前、社内で企画を通すのは大変だと思うのですが?

はい。最初の企画段階では、「本当にこれで大丈夫か?」なんて先輩に言われることもありますが、営業部内やその他の関連する部署と打合せを重ね、企画をブラッシュアップして、「よし!」というものを最終的に先輩や上司にプレゼンし、承諾をもらうというプロセスを踏んでいます。そうすることで、お取引先にも自信を持って提案することができるんだと思います。
ウェブマネーの社風は、チャレンジを応援してくれる会社です。営業部はまさにフロント部門として、「積極的に仕掛けていく」というスタンスで取り組んでいます。ですから、わたしたち現場のスタッフも常に高いモチベーションをもって仕事に取り組んでいます。